メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

40代だからこそすすめる輸入住宅の購入

輸入住宅
40代だからこそすすめる輸入住宅の購入

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

40代で輸入住宅を買うのは遅いと思いますか?住宅ローンを35年返済で考えると、40歳で組んだ場合の完済年齢は75歳になり、定年後にもローンの支払いをしなければなりません。住宅ローンのことを考えると、輸入住宅購入は早い方がいいと感じますよね。

ですが、最近では40歳以降に輸入住宅を購入する方も増えてきています。

40代で輸入住宅を買う理由

40代で輸入住宅を購入される方に多いのが、仕事が落ち着き、転勤などがなくなったので定住できるようになったという理由です。

また、子育てがひと段落し、子どもが独立したら夫婦だけの生活になります。これまでのように子どもたちの部屋は不要になるわけですから、部屋数を少なくして夫婦二人でゆっくり過ごせる「終の棲家」として考える方もいらっしゃいます。

中には、親との同居を考えて二世帯住宅を検討し始める方もいらっしゃって、40代ならではの理由も多く見受けられます。

40代で輸入住宅を購入するメリット

これまで20代、30代とそれぞれに輸入住宅購入に関する記事をご紹介してきました。各年代で購入メリットがあるように、40代には40代の購入メリットがあります。

■ライフプランがほぼ定まり、将来の見通しが立てやすい

上の記事で、30代は20代に比べ、勤務先や収入、家族構成などがある程度固まってくると書きましたが、30代は転職を考えたり、結婚や出産などで家族構成の変化が多い時期でもあります。

お子さんも2人目、3人目と増えれば、奥様のフルタイム就業が難しくなり世帯収入が減ってしまうということも考えられます。

しかし、40代になるとお子様もある程度大きくなり、奥様も外に出て働きやすくなっているのではないでしょうか。家族構成もほぼ固まり、その後のライフプランもおそらく大きな変更なく定まってくるでしょう。

30代に比べても、将来の見通しがより立てやすくなり、上に挙げたような短期的な環境の変化に慌てることもなく、ライフスタイルに合った家を探しやすくなります

■頭金を貯めて、ローンの返済期間を短縮できる

一番ネックになりそうな住宅ローンですが、頭金を増やすことで返済期間を短縮することができます。

40代にもなると社会人としての経験値は各段に上がり、役職がつくなど若い頃に比べて上がった収入も安定している頃でしょう。

若い頃には少なかった貯金も、この頃までに輸入住宅取得を目標に計画的にコツコツと貯めておけば、ある程度の金額になっているはずです。それを頭金として多めに用意することで住宅ローンの借入額を減らすことができます。借入額が減れば、それだけ返済期間も短縮でき、最終的には金利分の支払い額も減らすことができるのです

収入によっては借りられる金額は増えますが、一方で年齢が上がるほど条件が不利になる可能性もあるので、ローンを組むにはタイミングが重要です。

■老後を見越した家を購入できる

20代の若い頃には、老後のことなどあまりに先のことはなかなか考えずらいものですが、40代にもなると同じように年を重ねた親のことが気になったり心配したりするようにもなってくるでしょう。

そうすると、親の姿を自分に重ねるようになり、老後をより具体的にイメージするようになるのではないでしょうか。また、親の介護などで一緒に暮らし始める人もいるでしょう。住みやすさを考慮して段差をなくすなどバリアフリー化を考えるようになるかもしれませんね。

そのように老後のことを見越した家を購入することができるようになるのも、年を重ねた40代だからこそと言えるのではないでしょうか。

40代の住宅購入で注意するポイント

40代での輸入住宅購入において、収入の増加にともなって借入可能額が増える点はメリットとなりますが、それは注意すべきポイントでもあります。子どもが大学生になり、教育費のピークに重なる可能性があるのが概ね40代くらいなのです

住宅ローンと平行して教育資金を支払っていくことも念頭に入れて、資金計画を立てておく必要があります。貯金をすべて頭金にまわしてしまわず、教育資金としてある程度残しておいたほうがいいでしょう。

また、年収が上がる前提で、住宅ロ―ンの借入額を目安となる金額以上に設定したり、ボーナス払いを設定してしまうと年収が下がったり、ボーナスが減った時に家計が破綻してしまいかねません。

教育資金や老後資金などもしっかり考慮した上で、住宅資金に充てる予算を慎重に決めることが40代で輸入住宅を購入する際の重要なポイントとなります

デメリットになる住宅ローン問題

40代での住宅購入メリットをご紹介しましたが、デメリットとしてはやはり住宅ローンの問題があるので、そちらについても触れておきたいと思います。

住宅ローンの完済期限は一般的に80歳前後となっています。40代も後半になるにつれて融資期間は短くなり、その分毎月の支払い額は増えます。また、審査自体も厳しくなっていきます。退職後の支払いをどうするのか聞かれたり、退職金の金額を聞かれることもあります。

住宅ローンについてはメリットでも書きましたが、頭金を多く用意することで返済期間や支払い額を圧縮できますし、繰り上げ返済をすることもできます。退職金の一部をローンの返済に充てるといったことも考えられますね。40代だからこその返済計画で輸入住宅を購入することは決して難しいことではありません。

住宅ローンに関して不安に感じている方、輸入住宅購入を躊躇っている方は一度ご相談ください。ファイナンシャルプランナー兼住宅ローンアドバイザーの資格を生かしてお客様へのアドバイスをさせていただいています。

お客様一人ひとりにお伝えする内容は異なります。それは、皆さん事情が違うからです。時には今契約しないほうが良いと判断したらそのようにお伝えもしています。

住宅を検討しているのであれば一度私にご相談いただければと思います。

無料相談会のご予約はこちらから

banner.jpg

輸入住宅で家を建てるまでの流れ

では、家を建てるまでの流れもここで確認しておきましょう。私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)で輸入住宅を建てる場合の流れをご紹介します。

①住宅会社を知る

主にインターネットでの検索やインターネット、フリーペーパーなどに掲載している広告などを目にされている方が多いのではないでしょうか。そこからホームページなどをご覧いただき、私たちがどのような会社で、どんな住宅を建築しているのかを知っていただきます。

②資料請求をする

ホームページなどを見て興味があれば資料請求をします。カタログにはホームページに掲載されている以外の施工事例だったり、情報が掲載されていることもありますので、一度取り寄せて見てみることをおすすめします。カタログ請求はこちらから。

③住宅展示場に行く

インターデコハウス秋田(住広ホーム)に資料請求いただいたお客様には、その後必ず八橋住宅展示場にお越しいただきます。パソコンやカタログ上だけでは伝えきれない実際の建物の雰囲気を体感していただけるからです。

また、家づくりに関する「土地」「お金」「建物」についてご相談いただいたお客様には、不安や疑問、お客様の状況などをヒヤリングしながらわかりやすく丁寧にご説明しています。

キッズスペースや駐車場もございますので、安心してお客様のペースでご見学していただけます。八橋住宅展示場の来場予約はこちらから。

④住宅ローンについて知る

輸入住宅を購入するには、無理のない資金計画を立てることが重要であると考えていますので、住宅ローンの資金計画は特に重点をおいてお話しています。ここでご理解・ご納得いただかないと家づくりはスタートできません。

⑤土地探しについて知る

住宅ローンの借入可能額と返済可能額について知り、それから土地と建物にかけられる予算を把握することができたら、土地探しです。土地探しでは、自分たちの理想100%のものはなかなか見つけられませんので、どこまでこだわり、どこで妥協するかという線引きと決断のタイミングがカギとなります。

⑥プランや仕様について知る

理想の家をつくるためには、どんなプランにするか、仕様はどうするかなど具体的に考えていきます。インターデコハウスの仕様決めは家づくりの中でも特に楽しかったとおっしゃるお客様が多いです。

プランや仕様が固まりましたら、最終的なお見積りをご確認いただき、請負契約となります。このような流れで当社の家づくりは進んでいきます。

まとめ

40代での輸入住宅購入について見てきましたが、いかがでしたか?

20代、30代、40代とそれぞれにメリットはあります。どのタイミングが最適かは、各家庭によって異なりますので、ライフプランや資金状況などを把握した上で無理のない計画を立ててくださいね。

「輸入住宅は購入したいけれど、我が家の場合の買い時はいつがいいの?」「本当に買えるか心配で…」と前に進めずモヤモヤしてしまっている方がもしいらっしゃれば、ぜひ一度ご相談に来てみてください。

人に話すことで頭の中が整理されることもあります。モヤモヤを解消するための糸口を見つけるお手伝いはできると思います。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けて輸入住宅でくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する