メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

どちらを選ぶ?「建売住宅」or「注文住宅」

注文住宅
どちらを選ぶ?「建売住宅」or「注文住宅」

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築一戸建てを検討する場合、「建売住宅」と「注文住宅」という選択肢があります。どのような違いがあり、それぞれのメリットは何なのか、しっかりと知った上で自分に合った方を選びたいですよね。

今回は『どちらを選ぶ?「建売住宅」or「注文住宅」』というタイトルで、それぞれの住宅について比較していきます。最後にどちらがどんなタイプの人に向いているかも書きますので、今迷っている方やこれから検討する方は選ぶ際の参考にしてみてください。

建売住宅と注文住宅の基本的な違い

「建売住宅」とは

建売住宅とは、建物と土地がセットで販売されている住宅で、まとまった土地をいくつかの区画に分けて販売する分譲住宅も建売住宅になります。

建築済みであることが多いのですが、建築前の物件でも間取りやデザイン、設備などの仕様は概ね決まっていて、基本的に変更はできません。注文住宅に比べ自由度は低いのですが、その分安く購入できるのがメリットです。

外観デザインが統一された住宅がいくつも建っている街並みを見たことはありませんか?それも建売住宅で、大規模な開発地ではよく見られる光景です。

「注文住宅」とは

注文住宅は工務店やハウスメーカーがお客様のご要望に沿った住宅を注文を請けてから建てるオーダーメイドの家です。希望の場所に希望の家が建てられますが、建売住宅とは違い、まずは土地探しから始めなければならないので、その分時間もかかります。

外観デザインや間取り、仕様、設備まで自由に選べるため、特にこだわりの強い方が選択されることが多いです。

注文住宅には完全にゼロベースでオリジナル住宅を作るフルオーダー型と一定の範囲内で選択肢が設けられているセミオーダー型があります。インターデコハウスではプロのインテリアコーディネーターが商品に合わせて推奨する標準仕様のパターンを用意しており、セミオーダー型になります。

建売住宅と注文住宅の価格面での違い

単純に価格だけを比較すると、一般的に建売住宅よりも注文住宅の方が高いイメージがあると思います。実際に住宅金融支援機構の「2022年度フラット35利用者調査」によると、全国を対象とした土地付き注文住宅の購入価格が4,694万円なのに対し、建売住宅の購入価格は3,719万円とその差は975万円になります。

建売住宅

以前、別の記事でお伝えしましたが、建売住宅の費用相場は土地代を含むため立地によって変動するものの、おおよそ2,000万円後半~4,000万円前半くらいの価格帯が多いです。秋田市の場合ですと、2,000万円~3,000万円が多い傾向にあります。

建売住宅は分譲販売の場合、まとめて購入した土地に、同じ規格の住宅を複数、同時期に建築します。そのため、資材を一括購入することでコストを抑えることができます。間取りや仕様・設備もある程度決まっているので打ち合わせや工事にかかる時間を短縮し、人件費も抑えることができます。

注文住宅

注文住宅はこれまでにもお伝えしてきた通り、建物の大きさや仕様、土地などによって価格は大きく変わります。たとえ同じ大きさや仕様でも会社によっても価格は異なりますから、建売住宅と比較するのは難しいというのが正直なところです。

インターデコハウスの注文住宅は標準仕様で建てた場合、30坪で2,000万円台くらいの価格帯が平均的な目安になります。こちらに土地代や諸経費などが別途かかります。

注文住宅の場合、土地と建物は別々に購入しますから諸経費もそれぞれにかかるなど土地の購入費が高くなりやすいです。また、こだわりを詰め込めるのが魅力ですが、その分施工や設計に高い技術力が必要となり、人件費や時間的なコストもかかり全体的に高額になりやすいです。

こだわり過ぎてあれこれオプションを追加していけば、もちろんその分もかかる費用は増えていき、予算オーバーになりやすいというのが注文住宅です。

建売住宅と注文住宅のデザイン面での違い

建売住宅

建売住宅は完成済みの住宅が販売されるケースと建築前もしくは建築中に販売を開始するケースがあります。

完成済みの建売住宅を購入する場合は間取りや仕様、設備などの変更はできず、見たままの状態を受け入れることになります。着工前の物件であれば簡易な間取りや仕様の変更が可能な場合もありますので、ご要望がある場合は確認してみてください。

価格面の比較のところでも書きましたが、建築の効率化を図るために規格化されており、注文住宅のようにオリジナリティを出すことは難しいです。

注文住宅

注文住宅の魅力は何といっても自由に選べて、自分の好みや個性を存分に詰め込めること。ライフスタイルや暮らしやすい動線効率を考えて間取りに反映することが可能なので、例えばペットのためのスペースを取り入れたり、店舗併設住宅を建てて夢を叶えているという方がインターデコハウスのオーナー様でも多くいらっしゃいます。

「手間暇かけても全部自分で決めたい!こうしたいがもう決まっている!」というような方はフルオーダーがおすすめですし、「予算との兼ね合いも考えてどうしても譲れない部分にお金をかけて、あとは標準仕様の中で決めたい」という方はセミオーダーがおすすめです。そういった融通が利くのも注文住宅のメリットです。

建売住宅と注文住宅、どちらを選ぶべきか

それぞれのメリットとどんな人が向いているかをお伝えしますので、自分にはどちらがいいのか考えながら読んでみてください。

建売住宅を選ぶメリット

・土地や建物の価格が予め分かっているので、資金計画が立てやすい

・比較的立地条件が良い場所に建っている

・土地を探す必要がないので、そこにかける時間や費用をカットすることができる

・入居までの期間が短く、引っ越しなどのスケジュールが組みやすい

・仕様や設備はプロが選んでおり、トータルコーディネートされている

・購入前に仕上がりや住んでからのイメージがしやすい

・打ち合わせの回数が少なく、手続きもシンプルでわかりやすい

【↓↓ 建売住宅が向いているのはこんな人 ↓↓】

基本的に面倒なことが嫌い。できれば家づくりに時間や手間をかけたくない。優柔不断でたくさんの選択肢から決めるのが苦手。間取りやデザインにそれほどこだわりはなく、ある程度決まったものの中から選ぶほうが気が楽。

家づくりは相当な時間や手間、費用をかけて行うものですから、精神面への影響もそれなりに大きいものです。そうした負担を軽減するためにも苦手なものは選ばないというのも、楽しく家づくりするための一つの方法ではないでしょうか。

この他、急な転勤や賃貸住宅の更新、子どもの入園・入学に合わせて引っ越したいなどで早めに入居したい方や入居希望日が決まっている方にも建売住宅はおすすめです。また、さまざまな条件の中で土地の優先順位が1番である場合に、希望に合う土地で建売住宅が販売されているのであれば決めてしまっても良いかもしれません。

注文住宅にくらべてリーズナブルに購入できますから、予算が心配な方やなるべく価格を抑えて購入したいと考えている方も検討してみると良いでしょう。土地と建物をセットで購入するので、住宅ローンの手続きも注文住宅に比べて簡単です。

注文住宅を選ぶメリット

・自由度が高く、選択肢が多い

・オリジナリティの高い家を建てられる

・完成した時の満足度が高く、愛着が湧きやすい

・オプション追加の有無やグレードの変更などで予算を調整しやすい

・土地にもこだわれる

・建築現場で建築過程をチェックすることができる

・依頼する住宅会社を自由に選べる

【↓↓ 注文住宅が向いているのはこんな人 ↓↓】

理想の家への憧れが強く、仕様など極力自分で選んで決めたい。土地や建物へのこだわりが強い。すでに土地がある。時間をかけても家づくりを楽しみたい。理想のライフスタイルなど明確な要望がある。依頼したい住宅会社が決まっている。 

まとめ

結局、建売住宅と注文住宅どちらがいいの?という問いへの答えは、お客様それぞれで違うということです。予算、土地、建物、何にこだわるかによって、どちらが自分に合っているかを見極めなければなりません。そのためには、両方の特徴やメリット・デメリットを知り、比較することが大切です。

今回はそれぞれの特徴やメリット、価格面やデザイン面での違いを比較してみました。ぜひ、お家づくりの参考にしてみてください。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田・COZY秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

注文住宅で失敗を未然に防ぐために必要な知識

注文住宅の土地探し 失敗しないために押さえておくべきポイント解説

手軽に自宅でリフレッシュ!注文住宅で楽しむサウナがある暮らし!?

注文住宅でスムーズに打ち合わせを進めるためのコツとは?

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する