メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

アイランドキッチンと対面キッチンの違いは?おしゃれキッチンのコツ

レイズ
アイランドキッチンと対面キッチンの違いは?おしゃれキッチンのコツ

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築住宅での新しい生活を想像してみてください。設計士と一緒に自分たちの理想の間取りを考えていく中で、近年は暮らしやすさや生活動線を考慮した間取りが多くなっています。

その中でも、キッチンはアイランド型や対面型のスタイルが多くなっています。築30年くらいの住宅であれば、キッチンは壁付けで家事をしているお母さんはリビングで過ごしているお子様たちを背中で感じることが多かったですよね。

また、お子様がお手伝いをできるような年頃になってくると一緒にキッチンに立って料理をすることも増えてくるかと思います。

その際、現在賃貸住宅で暮らしているとキッチンスペースは狭くて一緒にお子様と並んで立つことも難しいと感じませんか?

さらに、キッチンそのものが狭くて調理台スペースが小さかったり、シンク部分が狭かったり。1日に何度もキッチンに立つ方であればわかると思いますが、キッチンスペースって重要ですよね。

キッチンスペースが広々としていて食器や調理器具などもキレイに収納ができて、来客があった際に見られても恥ずかしくないようにしておきたいものですよね。

今回は、アイランドキッチンと対面キッチンそれぞれのメリット・デメリット、違いを比較しながら使いやすさやおしゃれなキッチンを作るコツなどを紹介していきたいと思います。

アイランドキッチンと対面キッチンの違い

まずは、アイランドキッチンと対面キッチンの違いについて見ていきましょう。

インターデコハウスのキッチンの多くはアイランドキッチンまたは一面が壁に面している対面型キッチンのプランがほとんどです。

インターデコハウスのアイランドキッチンと対面キッチンの実際の事例を見ていきましょう。

【アイランドキッチン】

アイランドキッチンとは、上の写真のように、一方が壁に面していない独立したキッチンのことをいいます。ご覧のとおり、作業スペースが広く動線がスムーズなこと、家族で使えるといったことからインターデコハウスでも選ばれるお客様は多いです。

水栓とシンクはダイニング側に持ってきて、背面(壁面)にIH調理器と調理スペースを広々を確保しています。天板はよく見てみるとわかるのですが、タイル天板になっています。壁面なので窓の位置をうまく利用して、収納棚や引き出しを設置しています。

この住宅はレイズ」という北米テイストの住宅デザインのキッチンです。ステンレス天板を使って雰囲気を演出しつつ、3方は板材で飾り付けしているので全体とのコーディネートバランスもよく違和感がないですよね。

水栓とシンクスペースの天板はステンレス製で、簡単に食事ができるように天板の奥行きを広げてあります。また、リビングスペースとの仕切りを木で造作しております。

造作の木の仕切りも古材をアレンジしているので雰囲気がでていますよね。インターデコハウスのキッチンはこのように造作するのでオンリーワンのオリジナルキッチンを作ることができるので女性から人気のポイントになっています。

こちらは「スパニッシュ」というデザインの住宅のキッチンです。アイランドキッチンの横スペースにダイニングテーブルを設置するスペースがあり、この写真を撮影している位置がリビングスペースになります。

見ての通りシンク部分は独立型になっているためシンク周りは自由に動けるので同時作業が出来ますし、キッチンスペースが広々しているため大人2人でキッチンに立ってもぶつかったりすることがなく楽しく料理を作ることが出来ますね。

【対面キッチン】

対面キッチンとは、壁で仕切られることなくリビングやダイニングに対面した、開放的なキッチンスタイルです。「アイランドキッチンとどう違うの?」と思われた方もいらっしゃると思います。

対面キッチンには上で紹介した「アイランドキッチン」も含まれているのですが、レイアウトの仕方によって「ペニンシュラキッチン」「I型キッチン」「L型キッチン」といった種類があります。

こちらはインターデコハウスに多い対面型キッチンです。背面に食器棚(カップボード)や冷蔵庫置場があり、対面側にシンクや調理器があるパターンです。

この時、天板部分を伸ばしてカウンターにする方や、マンションなどでよくあるダイニング側の天板部分を高くして天板をL型にする方もいらっしゃいます。

インターデコハウスで多いLDK一体型のオープンプランの場合、こちらの対面型のキッチンが収まり的にもコスト的にも良く、キッチンにいても家族を感じられるのでおすすめしています。

こちらはルオントという住宅デザインのキッチンになります。壁付けの対面型なのですが対面側はカウンターになっているため、カフェ風のハイスツールなどを設置してお酒を飲んだりくつろぐことができます。

また、キッチンと同じ高さでキッチン天板の延長線となるようにダイニングテーブルを設置することで、キッチン天板が横に長く、料理をしてそのまますぐに配膳することも可能になりますよね。

ルオントのような北欧スタイルの住宅では実際にこうしたレイアウトを選ばれるご家庭も少なくありません。

このようにキッチンのレイアウト種類はいろいろあります。自分たちの暮らし方や生活スタイルに合わせたキッチンの形を選んでみてはいかがでしょうか?

キッチンのスペースはだいたい5帖くらいのスペースを用意すると、大人2人が余裕で立てたりすれ違うことが可能な広さを確保することが出来ます。

新築住宅を検討されている方の多くは、キッチンが狭いという声もありますのでキッチンが広々するだけでも毎日の料理が楽しくなること間違いなしです。

アイランドキッチンと対面キッチンのメリット・デメリット

■メリット

アイランドキッチンを含む対面キッチンのメリットは上にも書いたように、キッチンからダイニングやリビングを見渡すことができるという点です。

料理をしながら子どもの様子をみることができますし、TVを見ることもできます。キッチンにいながら家族の存在を感じられ、会話も楽しむことができるといったことが人気が高い理由でしょう

例えばキッチンに対面する形でカウンタ―を設置し、リビング学習スペースにされている家庭もありますが、その場合にもキッチンから学習の様子を見たり、わからないところを聞かれたときにすぐ対応することができるのも利点です。

子どもにとっても背中を見て話かけるのと、顔を見ながら話すのでは感じ方が違ってくるのではないでしょうか。

また、小さな子がいる場合には少しも目が離せませんが付きっきりというわけにもいきません。対面キッチンであれば目を離さないように気をつけながらも作業ができるというのはママにとってはうれしいですよね。

アイランドキッチンであれば、やはりそのレイアウトの特徴から開放的で広々と使えること、そして見た目のおしゃれさがあげられます。夫婦や親子でキッチンに並んで料理することも叶えてくれます。壁に面していないので、動線がスムーズで動きやすいというのもメリットです。

■デメリット

インターデコハウスに多いタイプの天板がフラットなキッチンやアイランドキッチンなどはキッチンが丸見えになってしまうので来客時の視線を心配される方もいらっしゃいます。

たしかに手元から奥まで見えてしまうので、片付けが苦手という方にとってはそれがプレッシャーに感じてしまうこともあるかもしれません。でも、これをきっかけにお掃除・片付けを積極的にするようになったというお客様もいらっしゃいますし、実際にきれいにされているお客様が多いように感じます。

こんな風に敢えて吊戸棚を設けず、壁に棚を設置して見せる収納にしてしまうというお家もあります。

ですが、もしどうしてもきれいな状態を維持することに自信がない、丸見えに抵抗があるという方には、下の写真のようにダイニング・リビング側を少し高くして目隠しにするという方法もあります。こうすると見える範囲が狭まりますので安心感はありますよね。

あとよく心配されるのは、臭いが広がりやすいのではないかということでしょうか。インターデコハウスのキッチンは写真のようにコンロ前に壁があるレイアウトのものが多いです。ちょっとしたことに思えるかもしれませんが、この壁の有無でも臭いや油はねを軽減することができます。

また、アイランドキッチンの場合も上で紹介した写真のようにほとんどはコンロや換気扇を壁側に配置していますので、こちらも臭いや油はねの心配は軽減できるでしょう。

対面キッチンにする場合、壁付けキッチンの場合よりも広いスペースが必要になるということに注意しておきましょう。調理スペースや通路など最低限必要なスペースを確保しつつ、ダイニング・リビングとの広さのバランスもしっかりチェックするようにしましょう。

インターデコハウスのキッチンはオリジナルキッチンですのでこちらの写真のように、天板の奥行きを伸ばしてカウンターにすることが出来ます。

ちょっとした軽食やお子様のおやつの時間などはカウンターで済ませて、家族団らんの時間はダイニングテーブルを囲んでというスタイルが多いですね。

どうしても家の大きさには限度があります。ですので、当初はお酒や軽食のためにとデザインしたカウンターも、家族が増えるとダイニングスペースを圧迫してしまい、カウンターを利用することが難しくなってしまうケースもあります。

アイランド型キッチンや対面型キッチンを採用する場合は、予めどのようなダイニングテーブルを設置したいかということも視野に入れてお打ち合わせをすることをおすすめします。

せっかくこだわって設計してもらったのに、家具を設置すると使いにくくなってしまった。という間取りの失敗はしたくないですよね。

視線の先に観葉植物を入れてリラックス効果

キッチンから見える視線の先にあるリビングスペースにはグリーン(観葉植物)があると心地が良くなります。グリーンを置いておくとしっかりと育てなければいけませんし、家の中を整理整頓してキレイに飾るということを意識するようになります。

お子様が小さいうちは、おもちゃや絵本を片付けては散らかっての繰り返しになりますよね。お子様が元気な証拠ではありますが、毎日の生活で整理整頓された部屋を見渡すのと散らかった部屋を見渡すのでは大きく気持ちが変わってきますよね。

リラックス効果のあるグリーン(観葉植物)をキッチンから見える視線の先に配置するのがおすすめです。

まとめ

今回は、アイランドキッチンにこだわった住宅のご紹介をしてきました。今回ご紹介したおうちは「レイズ」という北米デザインの住宅でした。

文中でご紹介しきれなかった写真はこちらの事例ページでご覧いただけます。

アイランド型キッチンや対面型キッチンはほとんどのインターデコハウスのお客様が採用しているスタイルです。

アイランド型や対面型にすることでお子様と一緒に料理をすることができるようになったり、狭くて大人2人がキッチンに立つことが不可能であるということなどが解消されます。

また、リビングで遊んでいるお子様を料理をしながら見守ることもできますよね。一昔前までは料理をしているお母さんだけが孤立してしまっているというご家庭が多かったと思います。

インターデコハウスで暮らすお客様は様々なポイントにこだわりをもって家づくりをされています。暮らしを楽しむための工夫が至る所に現れるのがインターデコハウスのお客様です。

そんなインターデコハウスで実際に建てたお客様の事例なども私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の展示場にお越しいただければお話させていただくことが可能です。

私たちインターデコハウス秋田がご提供している建物は決して手の届かない住宅ではありません。ただし、建築する土地や建物の仕様などによって総額が高くもなりますし、手頃にもなり得ます。

建物だけの価格を知っても前に進むことができません。家づくりを検討されるのであれば、まずは自分たちの総予算を知ることから始めてみてください。

自分たちの総予算を知っておけば、土地や建物のにかけられる予算も知ることができますので決断しやすくなります。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場もあり、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能ですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田・COZY秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

注文住宅で失敗を未然に防ぐために必要な知識

注文住宅の土地探し 失敗しないために押さえておくべきポイント解説

手軽に自宅でリフレッシュ!注文住宅で楽しむサウナがある暮らし!?

どちらを選ぶ?「建売住宅」or「注文住宅」

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する