メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

こだわりを徹底できる輸入住宅、こだわるべきことは?

輸入住宅
こだわりを徹底できる輸入住宅、こだわるべきことは?

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

せっかくのマイホーム。輸入住宅を建てるのであれば「あれもしたい」「これもしたい」といろいろなこだわりが出てきますよね。ご家族一人一人によって、そのこだわりも異なるのではないでしょうか。そうしたこだわりを反映させられるのは輸入住宅だからこそ。

しかしながら、限られた予算の中で何でもかんでも実現できるわけではありません。ご要望の中でも「これは絶対に外せない!」というものがあると思います。「そもそも輸入住宅購入のきっかけは何だったのか」ということに立ち返りながら、優先順位をしっかり決めて進めていくことが大切です。

こだわるべきところにはこだわって、それ以外の部分では妥協することも必要です。こだわりすぎたが故に失敗したという事例も多くあります。ここでは輸入住宅を建てる際のこだわりについて書いていきたいと思います。

輸入住宅購入にあたってこだわるべきこと

注文住宅の輸入住宅購入を検討している人を対象に「どんなところにこだわって家づくりをしたいか」と聞いたアンケート結果によると、「1位:間取り(17.3%)」「2位:外観デザイン(16.5%)」「3位:インテリア(14.3%)」となっており、この3つでほぼ半数をしめています。

■間取り

建売物件や中古物件、賃貸物件と異なり、自分たちの好きなように間取りを決められるのが輸入住宅の魅力です。実際に暮らした時をイメージしながら、動線や使い勝手などいろいろ考えて理想の間取りに近づけていく作業は家づくりの楽しみの一つでもあります。

間取りの中でも、とりわけ「収納」の位置はとても重要なポイントです。と言うのも、SUUMOによる調査で注文住宅を建てた先輩方の「しまった!ランキング」1位だったのが「収納のつくりで失敗」というものでした。

「想像していたよりも十分な収納量がなかった」や「実際に使ってみたら、使いづらかった」など暮らし始めて初めて気づくことも多いようです。

■外観デザイン

外観は家の顔ですから、もちろん自分好みのおしゃれな家に住みたい!と思いますよね。外壁は塗り壁やサイディング、ブリックなど素材によって表情は大きく変わりますし、窓の配置も大きなポイントになります。

北欧、南欧、フレンチカントリー、アメリカン、シンプルモダン、和風モダンなどさまざまなデザインがあるので、「これだ!」というお気に入りがきっと見つかります。

■インテリア

家の外観にこだわるなら、もちろん内装にもこだわりたいですよね。好きなインテリア、好きな雑貨や小物、好きなカラーでコーディネートして、おしゃれで居心地のいい空間にしたいものです。

ほかにもキッチンやダイニング、性能、趣味に関係するスペースなどあると思いますが、私たちインターデコハウス秋田でまずこだわっていただきたいと考えているのは、やはり「無理のない資金計画」です

私たちインターデコハウス秋田では、しっかりと資金計画を立て、お客様自身の借入可能額と月々の返済可能額を知ってもらいます。そして土地と建物にかけられる予算を把握していただいてから家づくりがスタートします。

資金計画に共感し、納得いただいた上で間取りや仕様などの打合せに進んでいただきます。

そうしなければ、間取りや仕様の打合せを先に進めて、見積りを出してみたら総予算をオーバーしてしまうこともあるからです。そうなると、考えたプランから何かを諦めていかなければならないという悲しい結果になってしまうからです。

せっかく楽しく進めていた家づくりも、削ったり諦めたりを考えていくのは決していいものではありませんよね。気分が盛り下がってしまいます。そうならないためにも、お金の予算配分などをしっかりとご理解いただくことをお願いしています。

こだわり実例紹介

インターデコハウスで実際に建てられたお客様のこだわりポイントをご紹介していきたいと思います。

■K様(ご夫婦+お子様1人)

「家の中でとくにこだわったのは、家族が揃う食事の時間を大切にしたくて、ダイニングを独立させたところです。大きなテーブルにソファを置いて寛げる場所にしたかったんです」

K様は共働きなので平日に家族で過ごせる時間が限られています。だからこそ、家族みんなが揃う食事の時間を大切にしたかったのだそうです。

そして、ダイニングはカフェのように心地いい空間にしたい、そのために椅子もソファにしたいというこだわりがありました。今では遊びに来た友達も自然と集まる場所になっているそうです。

広くて使いやすいアイランドキッチンは奥様のこだわりの一つ。「仕事から帰ってきて食事の支度や洗濯を同時進行でするときも、動線がスムーズだから気持ちよく動けるし、子どもにもちゃんと目が届くので安心です」とのこと。

これからはお子さんと一緒にキッチンに立ってお料理するのを楽しみにしているそうです。

■A様(ご夫婦+お子様1人+ネコ2匹)

「2階ホールに設けた隠し扉の本棚はこだわりいっぱいの自信作です!」

せっかくの家づくりだから、面白いことがしたいと最初は冗談で言ったつもりが、意外に営業担当さんも「おもしろい!」と乗っかってくれて実現したそうです。本格的な仕掛けにご主人も驚かれていました。

一方のご主人は、ネコちゃん専用の通り穴とキャットウォークをどう繋ぐかに頭を悩ませていたようです。

「最初は階段に梁を架けてそこを通そうかと思いましたが、掃除がしにくいのと天窓からの光を遮ってしまうので、ホールの腰壁を通って上下階を行き来できるようにしました」

こだわりすぎて失敗!?

はじめての家づくりでは住んでみてから後悔するような盲点が意外と多いもの。後悔してもやり直しがきかないので、失敗した先輩方の事例などを参考に学んでおきたいものですね。

ここからは、こだわりすぎて失敗しがちな事例を取り上げてみます。

■収納の失敗例

先にも書いたように収納での失敗は多くの方が感じているようです。無駄なものをしまって家の中をすっきり見せたいと思う方は多く、収納にこだわる方も多くいらっしゃいます。

これから家族が増えるかもしれないと考えると、余裕をもって収納スペースは確保しておきたいでですよね。十分なスペースは確保したものの、取り出しやすさまで気が回らなかったという失敗例は多く挙げらでれています。

また、収納棚の奥行きを広く取り過ぎて、奥にしまったものが取り出しにくくなってしまったということもあります。同様に深すぎる床下収納も使い勝手が悪いと言えますね。

■壁の素材や色の失敗例

部屋の雰囲気は壁の色や模様によって大きく印象が変わります。ですから、理想の部屋を作るのに壁紙や素材にこだわりたいと言う人は多いです。

ここでの失敗例は、サンプルで見たイメージと実物が違っていたというケースです。色は面積が小さいほど濃く見えます。反対に、面積が大きいほど明るく見えるため、サンプルを見て選んだ色が壁面サイズで見た時に違って見えてしまうのです

色だけでなく、柄も同じようにサンプルサイズで見るのと実際に壁に貼ったものとでは印象が変わりますので注意が必要です。

■こだわり設備は実用性とメリット・デメリットを考慮して判断

お風呂にテレビをどうしても付けたいといったこだわりのある方もいらっしゃるかと思いますが、本当に必要かどうか今一度考えてみてください。

疲れた身体を浴槽にゆっくり浸かりながらテレビを楽しむなんて至福の時ですよね。しかしながら、家族が順番待ちをしていて早く上がるように急かされたり、仕事や家事・育児に追われてテレビを楽しむ余裕がなくなっていて、見てる時間がないなんてこともあるかもしれません。

そんなふうにせっかくこだわって付けた設備が無駄になってしまわないようにするためにも、実生活で本当に必要かどうかしっかり考えてみてください。設置費も高額になりやすいですし、将来メンテナンスが必要になるものもあります。

まとめ

こだわったからこそ、快適で満足した生活を送っている人もいれば、こだわりすぎて、こんなはずではなかったのに…と後悔されている人もいます。

こだわりの輸入住宅を成功させるためには、憧れやイメージだけで決めるのではなく、事前の情報収集をしっかり行って、現実的な目線で考えることが大切です。実際に建てた先輩の成功例や失敗例も参考になりますので、機会があればお話を聞いてみるのもいいでしょう。

もちろん、私たちに「こんなふうにしたいんだけど…」とご相談いただいてもけっこうです。これまで建てられた多くのお客様の情報を元にアドバイスさせていただきますし、施工事例などもご覧いただけるようにカタログもご用意しています。

カタログをご覧になりたい方はこちらから

当社では、お客様がお気軽に家づくりのご相談をしていただけるように、「無料相談会」を行っております。ご都合のよろしい日時でご予約ください。ご予約いただけるとお時間をしっかり確保できるので、ゆっくりお話を伺うことができます。

お家のことだけでなく、土地探しや資金計画など不安に思っていることやお悩み中のことどんなことでもお話をお聞きして、お客様それぞれにあったアドバイスをわかりやすく丁寧にさせていただきますので、まずは一度相談会にいらしてみてくださいね。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けて輸入住宅でくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する