メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

気を付けておきたい住宅ローンと転職の関係

注文住宅
気を付けておきたい住宅ローンと転職の関係

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

そろそろマイホームが欲しいなと思いマイホーム計画を立てている最中であったり、無事に住宅ローンも組むことができて素敵なマイホームでの暮らしが始まったばかりの方でも「転職」を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

業種や業態によっても転職の適齢期などはあるかと思いますが、住宅ローンと転職の関係って結構深いものだということをご存知でしょうか?転職がきっかけで住宅ローン審査に通らなかった!ということも実際にあるのです。

今回は住宅ローンを組んで住宅を購入する場合に気をつけておきたい転職についてをお伝えさせていただきます。

転職と住宅ローン

住宅ローン審査の項目で重要視される項目にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?「住宅ローンの審査に通るための具体的な方法」でもご紹介しているので併せてお読みください。

こちらの表は住宅ローンで実際に重要視されている項目の調査結果です。健康状態や借入時年齢、完済時年齢などはどの金融機関でも重要視されていますが、「勤続年数」「年収」「雇用形態」「業種」「雇用先の規模」といった項目も審査項目としてあがってきます。

今ご紹介した内容は全て「職業」と関係のある項目ですね。特に勤続年数は1年未満の場合住宅ローン審査が通りにくい金融機関が多いです。

現在では勤続年数が1年未満でも住宅ローン審査をしてくれる金融機関も増えてきましたが、前年分の収入を証明する資料を前職の職場から取り寄せたり、今後の年収の見込み金額などがわかる書類を新しい職場に作成してもらうなどの手間が発生したりもします。

住宅ローンを借りる前も借りた後も、転職をする場合には注意をしておかなければいけないポイントがあるのです。

住宅ローンを組む前に転職はNG?

住宅ローンを組む前に転職をすることが決まっている場合や、家づくりが進んでいって住宅ローンの事前審査が通ってから転職を考え始めて、住宅ローンが実行される前に転職をしてしまうというお客様が稀にいらっしゃると聞きます。

前述しているとおり、住宅ローンの審査項目には勤続年数なども含まれています。家づくりを始める段階で転職が決まっている場合は事前に相談をしましょう。

万が一、住宅ローンを組む前に転職をし勤続年数が1年未満ということで住宅ローン審査に通らなかった、ということも可能性としては残っているからです。また、転職をした結果、雇用形態が正社員から契約社員になってしまったり、年収が前職よりも下がってしまったという場合もあります。

これらも住宅ローン審査をするにあたっては重要な項目です。また、住宅ローンを組む前に転職が決まっていたが、住宅会社の営業マンや金融機関に黙っていた場合後々トラブルになってしまうことがあります。

トラブルになってしまい、結果として住宅ローン審査が通らなかったということにならないためにも、転職が決まっている場合は先に話しておくようにしましょう。

返済中に転職する場合

住宅ローンを組む場合は多くの方が35年間という長期間の住宅ローンを選ばれます。住宅を購入してから35年間同じ職場で勤め上げるという方はもしかしたら現在では少ないのかもしれませんね。新卒で入社した企業で定年退職まで勤め上げるという時代もありましたが、現在は住宅を購入する時点で転職を経験している方も多くいらっしゃると思います。

住宅ローンを返済中に転職をする方もいらしゃるかと思いますので、注意しておきたいポイントをお伝えします。住宅ローン返済中に当初の契約内容と変更になる部分が発生した場合は、住宅ローンを借りている金融機関への報告が必要となります。

これは契約約款にも記載されているのできちんと届け出をしなくてはいけません。住宅ローンを審査する段階では勤続年数を審査ポイントとされますが、返済中の転職であればよほど収入が下がってしまったということがない限りは問題ないでしょう。

転職で収入が減ったら

転職をすることで収入が減ってしまった場合どうしたら良いでしょう。前向きな転職をする方の場合は年収が前職と同じもしくは上の条件を探してという方が多いかと思います。

勤めていた勤務先が倒産、リストラなどで住宅ローンの支払いがそもそもできないくらい収入が減ってしまった場合は、まずは金融機関に相談をしてみてください。住宅ローンが支払えなくなってしまい、返済日に支払い遅延を起こしてしまう前に相談をしにいきましょう。支払期間を延長してもらえる場合もあります。

全ての場合で支払期間を延長してもらえるわけではありませんので、まずは借入先の金融機関に相談をしてみましょう。また、住宅会社の営業マンが信頼でき、お引き渡し後も関係が継続しているのであれば営業マンに相談するという方法もあります。

借り換えできないことも?

転職をしたばかり(勤続1年未満)で住宅ローンの借り換えをしようとするとできないケースがあります。借り換えは「住宅ローンの借り換えで悩む人が知っておくべきローンの仕組み」で詳しくご紹介していますので併せてお読みください。

借り換えは現在借り入れをしている金融機関に一括返済をして、新たな金融機関でローンを借り直すことをいいます。

新規で借り入れをするということは新たに住宅ローン審査をしなければいけません。その際、勤続年数が金融機関の指定する期間を満たしていないので審査が通らないという場合があります。

必ずしも勤続年数だけが重要視されるわけではありませんが、転職直後の借り換えは多少リスクがあることを知っておいてください。

転職での注意点

住宅ローンを組む前に転職を考えている場合は、予め住宅会社の営業マンに伝えておくようにしましょう。それによって住宅ローンの審査に通るかどうかが変わってくる場合があります。

住宅ローン審査が通ったからと言って融資実行前に転職をすることはNGです。住宅ローンの申込書には勤務先などを記載する項目もあります。融資実行前に転職をしてしまったら申込書の内容と違うということになり、再審査をしなくてはいけなくなります。その結果審査が通らなかった。ということがあっては困りますよね。

住宅ローン返済中であれば、金融機関への届け出を忘れないようにしましょう。また、転職後すぐの住宅ローンの借り換えはリスクがある場合がありますので注意が必要です。

転職に関して気になる点があれば、住宅ローンを借りる前であれば住宅会社の営業マン、住宅ローン返済中であれば金融機関に相談するのが良いでしょう。

まとめ

今回は、住宅ローンと転職の関係についてご紹介してきました。住宅ローン審査に通ればすぐに転職をしても良いと考えている方も稀にいらっしゃるようです。融資実行前に転職をしてしまい、融資の実行ができなくなってしまってトラブルになってしまったという事例も聞いたことがあります。

せっかく、住宅ローンの審査に通ってマイホームを購入できることになったのに、注意不足で転職をしてしまったためにマイホームを購入できなくなってしまったのでは困りますよね。

マイホーム計画と同時に転職計画も進んでいる場合などはきちんとその旨を住宅会社の営業マンにも伝えるようにしましょう。

私たち、インターデコハウス秋田(住広ホーム)ではこのような住宅ローンに関する注意点や土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただける、家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。

お金や間取りに関する不安などありましたらいつでもご相談ください。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することが可能です。ぜひ一度無料相談会にお越しください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない、という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

展示場へのご予約はこちらから

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する