メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

テレワーク用の部屋を作る方法は?快適な部屋作りのポイント

在宅勤務
テレワーク用の部屋を作る方法は?快適な部屋作りのポイント

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

働き方が徐々に変化している昨今、テレワークをしている人も増えているようです。

私の場合は住宅営業なのでなかなかテレワークをしないのですが、住宅会社の営業から見たテレワーク用の部屋が必要かどうか、テレワーク用の部屋をつくるならどんなことに気をつけたらよいかというポイントをご紹介していこうと思います。

テレワーク用の部屋を作った方が良い理由

テレワークを会社から推奨されているけどなかなか踏み出せないという方や、実際にテレワークをしてみたけど自宅の環境が整っていない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自宅でのテレワークはどのような環境が整っていれば良いと思いますか?テレワーク用の部屋を作るために参考になるポイントをご紹介します。

音問題

テレワークで一番の課題が「音」ではないでしょうか。テレワーク用の部屋があれば自分一人なので気になることはないかと思います。

しかし、リビングやダイニングなど共有スペースでのテレワークとなると仕事に集中できないだけではなく、業務の電話や、オンラインミーティング中の音など気になることが多くなるかと思います。

業務中の電話の内容も家族だから聞かれても大丈夫ということはなく、様々な企業機密があると思います。そのような内容を家族でも聞かれるということは良くないことですよね。

また、お子さまがいるご家庭だと夕方にはお子さまが学校や幼稚園から帰ってきてなかなか仕事に集中できなくなってしまう、ということもあります。

音問題に関しては、家族の協力だけでは防げない部分もあるので、やはりこの音問題を解決するためにはテレワーク用の部屋を設けることをおすすめします。

オンオフの切り替え

先ほどの音問題もそうですが、自宅で仕事をすることになりますのでテレビやベッドなど仕事に関係のない誘惑が自宅にはたくさんありますよね。

仕事は会社にいてもテレワークをしていても定時に始まり定時に終わる企業がほとんどかと思います。自宅にいて定時に仕事を始めるまでには、通勤時間がないので普段より時間に余裕が生まれます。

このように通勤時間がかからない、出社しないということによりオンオフの切り替えが難しく感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

テレワーク用の部屋を確保できていれば、仕事に不要なものは置かずに済みます。また、その部屋に入ったら仕事モードへの切り替えにもなりますし、家族にも伝わりやすいですよね。

主に、テレワーク用の部屋を作る大きなメリットとしては上記の2点を挙げることができます。ぜひ、テレワークをしなければいけないけどどうしたら良いかなと悩んでいる方は上記のような問題が解決できるかどうかを考えてみてください。

テレワーク用の部屋を作る方法

テレワークを実際にする場合の流れをご紹介します。

 -①テレワークをするスペースを選ぶ

リビング・ダイニング・キッチン・ホール・寝室など自宅にあるスペースはいくつか検討できると思います。その中でもテレワークに向いているスペースを探しましょう。

業務内容や家族構成によっても選ぶスペースが変わってくるかと思います。日中家に誰もいない状況でテレワークをするのであれば、リビング・ダイニングでも可能ですよね。

まだ、小さなお子様がいるご家庭などであれば、寝室や共有スペースのホールなどを利用すると良いでしょう。また、ノートパソコンで仕事ができる方とデスクトップパソコンがなければ仕事ができないなど業務内容によっても必要な機材を置くスペースが必要になる場合があります。

そのようなスペースのことも考えた選定が必要ですね。

 -②テレワーク用のデスクとチェアを揃える

テレワーク用のスペースが決まったらデスクとチェアを揃えましょう。既に自宅に代用できるような物がある場合はそれを使うことから始めてみましょう。

なぜなら、デスクは良いけどチェアは座り心地が良いものを選びたくなるからです。自宅のインテリアチェアは座面が固い物が多く長時間座っていると姿勢が崩れてしまいがちで、長時間のテレワークにはあまり向いていません。

ダイニングテーブル・チェアで仕事を一日中してみると専用のデスクやチェアを検討してみたくなるかと思います。

その際には、テレワークをするスペースにきちんと収まるように選ぶことと、デザインだけを重視するのではなく、機能性を一番に重視すると良いでしょう。

 -③仕事に必要なアイテム、収納場所を整える

テレワークを始めると、共有スペースの場合は毎回仕事道具を片付けなければいけません。仕事の途中で片付けをして再度仕事をする際に準備をしてという行為が初めの数回であれば我慢できるのですが、毎度であったり、一日の中で何度もあったりすると面倒ですよね。

そのような場合に備えて、仕事に必要なアイテムを収納できるスペースがあると便利です。おそらく出社して仕事をする場合には様々な書類があり自分の収納スペースがある方が多いのではないでしょうか。

会社と同じ量の収納スペースはなくても、一時的に業務をスムーズに進められる程度の収納スペースはあったほうが効率良く仕事を進められるはずです。

 -④テレワーク環境をより快適にするインテリアをプラスする

自宅でテレワークをする場合、前述しているようにオンオフの切り替えが重要です。例えば、テレワークをするスペースにグリーンを置いてみるというのもプラス効果になります。

自宅の場合は会社と違って見える景色が朝からだいたい同じで、周囲にいるのも家族で変わらぬ景色となります。テレワークをするにあたって、この景色が朝からずっと変わらないというのもストレスの一つになるようです。

アートを壁に飾ってみる、小物をデスクに飾るということも、ワンポイントですがプラスになるでしょう。

ラグやデスク・チェアなどを一式買い換えることでオンオフを切り替えれるようにするのも一つの手段ですね。

テレワークでありがちな悩み

テレワークをする際によくある悩みとして多いのは冒頭でご紹介した「テレワーク用の部屋を作った方が良い理由」という項目にも記載していますが、「音問題」と「オンオフの切り替え」が挙げられます。

この他にテレワークでありがちなのが、「業務の相談ができなくなった」「一日中会話することがなくなった」というようなことです。

このような内容は自分一人では解決が難しいので、会社や自分の部署のチームメンバーとテレワークをする際の社内ルールを整備するようにしましょう。

他にも「寒い」という悩みが挙げられます。会社にいると意外と動くことがあったり、暖房が常に動いたりしているのと人が多くいるためそこまで寒くないのですが、自宅で一人で過ごしていると特に冬場は寒さが悩みになるでしょう。

(参考:Amazon

例えば、このようなフットウォーマーがあると快適にテレワークを過ごすことができます。しかし、このような備品を自費で購入しなければいけない、暖房費がかかってしまうなど、テレワークをすることで本来発生しない費用が発生することになります。このような費用については会社側と相談するようにしましょう。

テレワークの悩みを解決する部屋作りのポイント

テレワークをする際の部屋づくりのポイントとしては、以下の2点をポイントにしてみてはいかがでしょうか。

周囲の音が気にならない

テレワークの悩みとしては音やオンオフの切り替えと何度もお伝えしていますが、スタッフ同士のコミュニケーションを社内にいるときと同じようにとるにはチャットや電話・テレビ電話などのツールが必須になってきます。

スタッフ同士のコミュニケーションをとっているところを家族に見られたり、他の人に聞かれたりするというのは気になりますよね。

家族の気配を気にすることなくスタッフ同士のコミュニケーションをとったり、お客様との連絡をとったりするためには周囲の音を気にしなくてもいいようにテレワーク用の個室を作ることをおすすめします。

窓がある

テレワーク用のスペースを作る場合は窓が視界に入る場所にあると気分転換ができて良いでしょう。もちろん外の景色に気を取られて仕事に集中できないというようなことは本末転倒です。

集中して仕事をしているからこそ、気分転換に外を眺められるような環境だとストレスも溜め込まずにリラックスして仕事をすることが可能になります。

また、窓があることで陽の光も入ってきますし、時間の経過もわかりますよね。どうしても窓がない場所の場合は一定時間毎に休息をとるようにしたり、アートなどを飾ったりして周囲との雰囲気を変えるといった工夫があってもよいでしょう。

窓があればある程度陽の光が入り、部屋の中が暖まります。暖房や暖房グッズなども必要になることもあると思いますが、窓があると無いとでは体感的に温度が変わります。

まとめ

今回は、「テレワーク用の部屋を作る方法は?快適な部屋作りのポイント」をご紹介してきました。既に自宅を持っている方だけではなくこれから自宅を検討している方もテレワークをする機会が多い方であれば参考にしていただければと思います。

自宅にテレワークスペースがある場合とない場合では仕事の効率が変わってきます。機密情報を取り扱うこともあるかと思います。

そのような場合には、仕事関係の書類は専用の収納に保管できるということも求められますよね。テレワークをする際の基準はそれぞれの企業によって異なりますので、会社で確認するようにしましょう。

インターデコハウス秋田(住広ホーム)ではテレワークが多い方からのご相談にも丁寧にご回答させていただきます。

お客様によってご提案できる内容もそれぞれ違いがあるかと思いますので、気になる方はぜひお問い合わせいただければと思います。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する