メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

ご主人のこだわり、憧れのガレージで趣味の時間を満喫できる住宅

グリューネ
ご主人のこだわり、憧れのガレージで趣味の時間を満喫できる住宅

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築住宅を検討している方の中には、ガレージをご要望される方もたくさんいらっしゃいます。ガレージにも様々な種類があることをご存知ですか?

インナーガレージといって建物に組み込まれているガレージや秋田市内でもよく見る屋根と柱だけのカーポートなど、ガレージには種類があります。

インターデコハウスのお客様のご要望で多いのが、インナーガレージです。車を1台止めることができればよいという方や、車をいじったりバイクをメンテナンスしたりすることが多いのでという方や、写真の方のようにガレージにソファを置いて趣味を満喫できるようにしたいという方。

ガレージに停めてある車をリビングから眺めたいという方。ガレージに種類がたくさんあるのと同じく、ガレージの使い方もお客様によって様々なのです。

今回はガレージで趣味を満喫できる住宅をご紹介していきます。

趣味を楽しむ場所としてのガレージ

ガレージは車を停めておくだけのスペースにするのはもったいない。そう考える男性は多いのではないでしょうか?

こちらのお客様のこだわりは、「ガレージで趣味の時間を満喫することができる住宅にしたい」という内容でした。車はもちろんですが、バイクや釣りが趣味のご主人様でした。

写真の左側を見ていただくとわかりますが、釣り竿をディスプレイできるようにフックを取り付けてあります。釣りが趣味の方はどんどん道具が増えていきますが全てお気に入りの道具なんですよね。

ただ、狙う魚によって道具を変えるので毎回同じ道具を使うとも限りません。でもお気に入りの道具をケースに入れて物置に収納しておくのもちょっと。という方が多く、こちらのお客様のようにディスプレイされる方がいらっしゃいます。

ガレージに設置したソファの上で道具のメンテナンスをするのも良いですし、隣接した作業部屋で作業するのも良いですね。

こちらはガレージに隣接した作業スペースです。様々な用途にお使いいただくことが出来ます。ちょっとしたこのような作業スペースがあるのとないのとでは大きく使い勝手が変わってくるとお客様からよく聞きます。

ガレージはどのようなことをしたいのかによって予算にもよりますが仕様を変えることが可能です。例えばどんな車が入るのか。四輪駆動の車なのか、スポーツカーなのか。

車をメンテナンスしたいのか、ディスプレイしたいのか。メンテナンス重視であればオイルなどが漏れても染みない塗装を施すとか、ディスプレイ重視あれば採光を考えたほうが良かったりと、ガレージという言葉から連想できる内容は様々なのです。

事前にガレージでどのようなことをしたいのかが明確であればその内容を営業や設計士にきちんと伝えておく必要があります。

家族でくつろげる大きなソファ

こちらのお客様のリビングには大きなソファがあります。3人がけソファにカウチをつけてL型のソファですね。このように写真で見ただけでも座り心地の良さそうなソファです。

こちらのおうちはダイニングテーブルを置いていません。その代わりキッチンの対面側にカウンターを造作ししっかりと食事ができすスペースを確保しています。

リビングスペースのソファでは家族の団らん時間を過ごすことが出来ます。このように、家全体の大きさやスペース、どのような暮らしをしたいかということを事前にしっかりと考えておくことで、自分たちなりの暮らしを表現するマイホームを建てることが可能になります。

ソファでくつろぐ空間を確保したかったのでこのお客様の場合は、大きなソファを置くことを優先しました。ダイニングテーブルを置いてしまうと大きなソファを置くことができなかったので、カウンターを設置したという工夫されたご家族です。

光と風が通る開放的な空間

こちらの写真は階段上からリビングスペースを見下ろしている写真ですね。リビングから階段上部が吹き抜けになっているので開放感があり、自然光がさしこんできます。

吹き抜け部分があることによるメリットですね。壁や天井が白く高い位置に窓を設置しているため、日中は光がリビング部分に差し込むため暗くなることがありません。

天井が高いため、リビングは開放的になりますので、リラックスしてくつろぐことができます。

また、デメリットと感じてしまうとしたら、吹き抜け部分(上階)の床部分がないため本来は部屋としてつくることが出来たスペースがなくなってしまうことでしょうか。

部屋数を重視されたい方は吹き抜けを我慢するもしくは予算にもよりますが家全体を大きくするなどの対策となります。

吹き抜け部分の写真です。吹き抜け部分に面している部屋には左側に見えるような小窓を設けています。部屋にいても吹き抜けに差し込む光や風を取り込むことが出来ますし、部屋からリビングを覗くこともできますので家族が何をしているのかどこにいるのかを感じることが出来ますのでおすすめです。

基調となる色が統一感を持たせる

こちらのおうちはブルーをアクセントカラーとしています。壁や天井が白で統一されていて、キッチンタイルなども白で統一されていますが、カウンターの小口部分にはブルーのモザイクタイルをあしらっています。

右側に見える手作りの掲示板の枠も同様のモザイクタイルをつかっています。これは施工中に余ったもので作られたものです。

家の中に基調となる色がありアクセントとなる色があることで家全体の統一感が生まれます。もちろん配色によって家全体の雰囲気が大きく変わってきますので、どのようなコーディネートスタイルがご要望かを事前にヒアリングさせていただき、どこにどのような色を使うかを決めていきます。

インターデコハウスのお客様は間取りを決めているときよりも、間取りが決まったあとのコーディネートの時間が一番思い出に残っているとお話してくださいます。

こちらのおうちはキッチン前のカウンターで食事をするスタイルですのでこの写真のように家族みんなで料理をしたりして一緒に食事をするというのは素敵ですよね。

水はね防止として付いているガラスブロックもアクセントとなっていて、キッチンにぴったりと合っています。

家族団欒と一人の時間、どちらも大切

新築住宅を購入する目的としてやはり家族団らんの時間を大切にしたいという思いが強いと思います。もちろん家族の時間も大事ですが、一人の時間も大切にしてほしいと私たちは考えています。

お客様によっては、自分のスペースを持ちたいけど、予算や他の要望も考えて優先順位を下げる方もいらっしゃいます。

もちろん前述の通り予算や他の要望との優先順位の兼ね合いもありますが、自分の家ですので自分の時間を過ごすことができる場所があっても良いと私たちは考えています。

読書が好きな人、仕事を自宅でする人、趣味をする人。自分のスペースが欲しい人にはそれぞれメインでやりたいことがあるはずです。

そのような要望も事前に営業や設計士にご相談いただければと思います。相談しないで後悔したくはないですよね。

家づくりの要望をしっかりと伝えていただくことで、自分の時間と家族の時間を満喫することができる家が建つのです。

まとめ

今回は、ご主人のこだわり、憧れのガレージで趣味の時間を満喫できる住宅をご紹介してきました。今回ご紹介したおうちの他の写真はこちらに掲載されていますので併せてお読みください。

インターデコハウスを建築されるかたでガレージをご要望される方は、車を停めるだけではなく何かしらガレージへのこだわりを持っていたり、趣味を持っている方が多くいらっしゃいます。

趣味を楽しめるガレージづくりや家づくりをするということは、マイホーム計画の中での憧れですよね。家づくりには優先順位を考えて進めていくことをお伝えしています。

今回ご紹介したお客様は「ガレージ=趣味」「リビング=家族団らん」といったテーマがあったお客様です。このようにテーマと優先順位をじっくりと決めていくことで家づくりが上手に進んでいくのです。

インターデコハウスで暮らすお客様は様々なポイントにこだわりをもって家づくりをされています。暮らしを楽しむための工夫が至る所に現れるのがインターデコハウスのお客様です。

そんなインターデコハウスで実際に建てたお客様の事例なども私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)の展示場にお越しいただければお話させていただくことが可能です。

私たちインターデコハウス秋田がご提供している建物は決して手の届かない住宅ではありません。ただし、建築する土地や建物の仕様などによって総額が高くもなりますし、手頃にもなります。

建物だけの価格を知っても前に進むことができません。家づくりを検討されるのであれば、まずは自分たちの総予算を知ることから始めてみてください。

自分たちの総予算を知っておけば、土地や建物のにかけられる予算も知ることができますので決断しやすくなります。

私たちインターデコハウス秋田(住広ホーム)では家づくりはじめの一歩セミナーを開催しています。家づくりに関して不明な土地探しや住宅ローンについていつでも無料でご相談いただけます。

会社の横に住宅展示場もありますので、実際に使用する部材などを見ながらご相談することがかのうですのでぜひ一度無料相談会に来てみてください。

新築住宅を建築したいけどまず何から始めたら良いかわからない。という方はぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田・COZY秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

トレンドの変化から考えるおしゃれな注文住宅設計のコツ

輸入住宅の価格は高い?国産との違いや価格を抑えるポイント

北欧の素材・色・柄を使ったワンランク上の北欧風インテリア

北欧レイアウト・インテリアのコツを解説!初心者でも簡単

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する