メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

秋田移住で仕事はどうする?秋田の転職事情や転職を成功させるコツ

秋田の住宅事情
秋田移住で仕事はどうする?秋田の転職事情や転職を成功させるコツ

秋田に移住することを決めた方で仕事は皆さんどうしているのでしょうか。漠然と移住することだけを決めた方と、事前に転職活動などをして仕事を決めてから移住を決めた方。

移住するための転居先は決まっていないけど、転勤で秋田に移住することだけは決まっているなどケースバイケースだとは思いますが、秋田へ移住をしたいということを先に決めている方で、秋田への移住後の仕事をどうするか。

移住してから仕事探しをしても転職が成功するのかなど今回は秋田への移住で仕事はどうする?秋田の転職事情や転職を成功させるコツをご紹介します。

秋田移住を決めた!仕事はどうする?

秋田移住を決めたが仕事はみなさんどうしているのでしょうか。新型コロナウイルスが流行してからは働き方も多様化してきていますよね。

移住を決めた人が考える仕事(働き方)について考えてみましょう。

転職せずにリモートでできるようにする

今の仕事のまま、リモートワークで働けるようにする。会社によって対応は様々ですが、通信環境などの仕事環境が整えることが可能であれば、どこに住んでいても良いという企業も増えたようです。

実際に、仕事はそのままで住む街を変える(移住する)という人も多くいたのがここ数年の住宅業界の変化かもしれません。

移住=転職と考えている人も多くいますが、新しい環境で新しい仕事を探すというのはストレスも多くかかります。

それであれば、自身の職種や会社の方針にもよりますが、完全リモートでの業務が可能であるならば、移住をしてリモートで仕事を継続することも可能な場合があります。

リモートで仕事をするということは家の環境を仕事用に整えなければいけません。インターネット環境もセキュリティを強化するなど対策は必要かとおもいます。

移住はしたいけど仕事はそのまま継続できるという環境であればリモートを選択したいという人も多いのではないでしょうか。

秋田で転職する

秋田移住をきっかけに、秋田で転職を検討している人も多くいるのではないかと思います。秋田で転職をするなら求人誌や求人サイトを利用することや、ハローワークなどを利用するのが無難でしょう。

もし秋田に知り合いや友人がいるのであれば、人づてに仕事を紹介してもらうということも可能です。秋田の場合は、紹介で転職をしている人が多いように思います。

県民性なのかもしれませんが、地元密着企業の場合は紹介で仕事を見つけるということもあります。私たち住広ホームも紹介で入社したスタッフが多くいます。

紹介で転職するということは自分だけではなく紹介者のことも気にかけなければいけなかったりしますので、簡単に辞めたりすることも少ないのかなと思います。

秋田で転職する際にもし知り合いがいるのであれば力になってくれる可能性があるので聞いてみると良いでしょう。

起業する

秋田への移住をきっかけに秋田で起業をするというのも一つの方法ですよね。秋田県(各市町村)では秋田への移住に際して起業を支援する制度もあります。

秋田県移住・定住総合ポータルサイト ”秋田暮らし”はじめの一歩」というサイトがあります。その中で「起業」に関する支援制度を検索すると各市町村の支援制度が出てきますので移住を検討されている方で起業を考えている方は一度見てみると良いでしょう。

期限や必要書類などは支援制度によって違いがあるので、該当しそうな支援制度を見つけた際には直接お問い合わせください。

秋田県の転職事情や求人の特徴

秋田県での転職事情や求人の特徴としては、求人広告費用を出せる企業は大手求人サイトへの求人情報掲載をおこなっていたり、フリーペーパーの求人掲載欄に情報を掲載しています。

これはどこの地域でも同じこととは思いますが、ハローワークだけに求人情報を掲載しているだけだと企業側としてはなかなか見つけてもらえない(求人応募がない)状態になってしまいます。

それを回避するためには、大手の求人サイトへの情報掲載をするのがセオリーですが、秋田の地元企業で大手求人サイトに求人情報を掲載している企業は少ないかもしれません。

正社員雇用としての転職で求人情報を探している人はそれぞれの条件の中でたくさんの求人サイト・求人誌の中から求人情報を検索していると思います。

なので、たくさんの情報を出しているだけではなく、きちんとどのような仕事をするのか、給与はいくらなのか、休みや残業はどうなのか、資格は必要なのかなど諸条件までしっかりと掲載されている企業への問い合わせは多いのではないでしょうか。

企業側の努力としても、自社のホームページへの求人情報掲載がなかったり、ブログなどの情報が更新されていない企業はなかなか選ばれなくなってきていると言われています。

転職する側も、求人をする側もうまくマッチングするような努力が必要になってきているのが特徴です。フリーペーパーなどへの求人情報などは情報掲載の更新が早いこともあるので秋田の場合は求人サイト・求人誌のどちらもチェックすると良いでしょう。

秋田での転職を成功させるコツ

秋田での転職を成功させるコツとしては、転職先の目星がない場合は上記でご紹介した「秋田県移住・定住総合ポータルサイト ”秋田暮らし”はじめの一歩」などのポータルサイトで移住促進としての転職支援制度などを調べて申し込むなど積極的な活動をすると良いでしょう。

通常の転職活動と同じ活動の場合、せっかく移住をしたのにも関わらず転勤で勤務地がすぐに変わってしまうなどがあると移住をして転職をした意味がなくなってしまいますよね。

そうならないためには、秋田へ移住して転職活動をしているということをきちんと知ってもらうようにしましょう。秋田県の移住就業支援の中には農業就労支援などもあります。

今まで農業には触れたことがないという方が秋田へ移住して農業を始めたという移住者の先輩たちもいます。移住というきっかけが今まで触れたことのない職業へ触れるきっかけ・チャンスでもあるので、自分の固定概念にとらわれることのない転職先を候補として考えることが転職を成功させるコツだと思います。

秋田での家探しや住宅事情

秋田への移住に伴い転職活動以外にも家探しをしなければ住むところがなくて困ってしまいますよね。しばらくはホテル住まいをしながら考えるという方もいるでしょうし、移住する前に家探しにくるというかたもいるでしょう。

職場が斡旋してくれて住宅が用意されているという企業もあるかと思います。移住で新築住宅を住宅ローンで購入しようとしている人は注意が必要です。

住宅ローンを組むということは様々な項目を審査する必要があります。その審査項目には職業や勤務年数など現在の仕事に関することが含まれています。

事前審査の段階では問題なかったのに、本審査・金消契約の際に既に退職をしていたとなった場合は、住宅ローンの契約ができなくなることがあります。

移住を検討している人で新築住宅を購入(建築)予定の人は事前に住宅会社に相談をするようにしましょう。現金で新築を購入したり、中古住宅を購入する方であれば問題は無いと思います。

賃貸住宅を借りる場合にも審査は必要になりますが、転職先が決まっているなどの場合であれば審査も問題ないことが多いかと思います。

移住をきっかけに秋田県へ住まいの拠点を変える場合にも様々な支援が秋田県としてもありますし、各市町村としても支援制度があります。

知っている方と知らない方では大きな違いありますので、もしこの記事を読んでいる方でこれから秋田へ移住を検討されている方は住居に関しても支援制度がありますので是非調べてみてください。

秋田県のポータルサイトはとてもわかり易く内容が記載されていますので一度見てみてくださいね。

まとめ

今回は、「秋田移住で仕事はどうする?秋田の転職事情や転職を成功させるコツ」という内容をお伝えしました。

秋田への移住を検討している方であれば、もちろん仕事のことや住宅のことはしっかりと検討されている方がほとんどかとは思います。

しかし、移住に関する就労に関してや、住宅に関する支援制度があるということを知らない方はおおくいらっしゃいます。

このような支援策は秋田県だけではありませんが、秋田県ではわかりやすく整備されたポータルサイトがあったりAターンと呼ばれる独自の表現を使って秋田への移住支援などを行っております。

もし秋田へ移住を検討されている方で、中古住宅を購入してリフォームを検討している方や、新築住宅を検討されている方がいらっしゃいましたら、一度ご相談いただければと思います。何かしらのお役に立てると思いますよ。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する