メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

家族が集まるキッチンから笑顔が広がる住宅

レイズ
家族が集まるキッチンから笑顔が広がる住宅

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

新築住宅を建てたときに家族が自然と笑顔になれる場所があると家の中の雰囲気もよく、幸せな毎日を送ることが出来ます。

手狭な賃貸住宅で窮屈に暮らしていた経験がある方は(それでも幸せではあったと思いますが)、「もっと広かったらこんな思いをしないのに」と考えたこともあるのではないでしょうか。

今回は、家族が自然と集まるキッチンから家中に笑顔が広がるお宅の事例をご紹介していきます。

家族が自然と集まる場所

最初にご紹介した写真のお宅は、ご夫婦とお子様2人の4人家族がお住まいです。ダイニングテーブルを置かずに、キッチン天板を伸ばしてダイニングスペースとして活用しています。

家族が家の中で自然と集まる場所といえば、ダイニングとリビングかと思います。ダイニングには食事の際に必ず集まりますよね。

そして、食後にくつろいで家族団らんを楽しむのがリビングスペースです。間取りを考える際には、家族が必ず顔を合わせられるようにであったり、家事導線が便利になるようにであったり、考えることが多くあります。

こちらのお宅はアイランド型キッチンを採用していますので、シンク部分と調理器部分が分かれています。食事の準備をしながらでも家族の顔を見ることが出来ますし、小さなお子様がいればテーブル部分に座っててもらい調理をすることもできますよね。

背面の作業スペースもこのくらい広さと収納量があると便利ですよね。さらに、食器棚の間に窓が設置されていて自然光を取り入れることが出来ますので明るさも十分に確保することが出来ます。

このくらいの広さのあるキッチンだと、ご夫婦で料理をしたりお子様と一緒に料理をしたり複数人で一緒に料理をすることが出来ます。

楽しい場所に人は集いたくなります。家族で楽しく料理をしていると、自然と家族が集まってくる空間が出来上がります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



こちらは違う事例の写真ですが、このようにお子様と一緒に楽しくキッチンに立つことができるのはインターデコハウスのキッチンだからではないでしょうか。

インターデコハウスのキッチンはオリジナルのキッチンで、様々なオーダーに対応可能です。

インターデコハウスの家はキッチンにこだわりがありますので、住んでからもキッチンに立つのが本当に楽しみになるとお客様からお声がけいただくことが多くあります。

家族と会話が弾むキッチン

家族と会話が弾むキッチンとはどのようなキッチンだと思いますか?キッチンとダイニング(食事スペース)が併設されている空間になっていると自然と会話が弾むようになると思います。

いくつか事例をご紹介していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



こちらの写真はキッチン導線にダイニングテーブルが設置されています。キッチンの横にダイニングスペースがあるので家事をしながらでも家族との会話を楽しむことが出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



このようにキッチンからダイニングまでの空間が開けているのもよいですよね。このようにお子様だけで食事をしているのをキッチンから見守りながら家事をすることもできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



こちらの写真も今回ご紹介してきたお宅のようにアイランド型のキッチンを採用しています。シンク側の天板を伸ばしてそのままダイニングテーブルとして活用しています。

おしゃれにまとめることが出来ますし、ダイニングテーブルセットを置いてしまうと狭くなってしまうような場合にもオススメの間取りです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



このような大きな天板を作ることができるのもインターデコハウスの魅力です。こちらのお宅についてはこちらの記事でもご紹介していますので併せてお読みください。

新しい家を建てて始める新しい暮らし。家のどの場所にいても会話が弾む、そんな幸せな生活を想像してしまします。

インターデコハウスのキッチンであれば、会話が弾むこと間違いなしです。

互いの存在を感じながら暮らす

「家」という空間で過ごすのは家族です。家族を感じながら暮らすことの大切さは新築を検討されている方であれば十分に理解されていると思います。

プライベートスペースも確保しつつ、互いの存在を感じられる空間に仕上げることが大切ですよね。よく間取りを作る際に質問させていただくのですが、階段をリビングを通るようにするか玄関から真っ直ぐ上がれるようにするか。

それぞれのご家族によって考え方は違います。考え方は違いますが、家族がお互いの存在を感じられない間取りはつくらないですよね。

このように吹き抜けの空間があるお宅だと、1階から2階まで声が届きやすかったり、2階でお子様が遊んでいても声が聞こえるので安心できます。家のどこにいても、家族を感じることができるのです。

玄関から家のリビングまでに間仕切り壁やドアがない間取りがインターデコハウスの特徴です。よく「寒くないですか?」と聞かれますが、インターデコハウスは北海道生まれです。寒さ対策もバッチリされていますので、標準仕様でこのような間取りが多くあります。

お客様の要望でドアをつけることももちろんありますが、ドアがない分開放感があり家族を感じることができます。

キッチンとリビングの統一感でより空間を広く

先程ご紹介した写真を見てみてください。キッチン・ダニング・リビングが繋がっているので家具の形や配色で上手にコーディネートされています。

こちらのお宅のキッチンは天板がステンレス仕様になっているため、家のアクセントカラーになっています。アクセントカラーが引き立つようなベースカラーとテーマカラーの配色になっていますね。

家具は白で統一されていて床が部屋全体のカラーを引き立たせています。こちらの家はレイズ」という商品で、マリンテイストの北米デザインの住宅です。

外観はこのようなデザインです。なので、リビングの家具などもマリンテイストのデザインに合うものが置かれています。

家具の配色などが統一されていることで部屋全体の空間が広がりを感じさせてくれます。配色がうまくいっていないと、部屋が狭く見えてしまうことがあります。

以前「配色で遊び心とオリジナリティを表現した、ココロとカラダに気持ちいい住宅」という記事でもご紹介したように、テーマカラー・ベースカラー・アクセントカラーに気をつけてインテリアをセレクトすることをおすすめします。

キッチンの作り方

こちらのお宅のキッチンはステンレス天板を使用したアイランド型のキッチンです。キッチンはインターデコハウスの代名詞ともいえるくらい重要なポイントになります。

外観デザイン同様に推奨のキッチンが存在しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

住広ホーム インターデコハウス秋田さん(@sumikouhome)がシェアした投稿



<spa

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する