メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

秋田移住に関する補助金・支援金まとめ!

秋田の住宅事情
秋田移住に関する補助金・支援金まとめ!

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

秋田への移住を考えている方に向けて、秋田移住のメリットやデメリット、移住に役立つサイトをご紹介した記事を書きましたが、その中で少しだけ移住への支援金についても触れました。詳しい内容は下の記事をご覧ください。

そもそも、なぜ地方自治体が移住者に対して支援を行っているのか、ご存知でしょうか。若い人たちが都市に出てしまい、少子高齢化や過疎化、産業の後継者不足などに悩んでいる地方は多いです。

そこで地方移住を希望する若い世帯などを積極的に迎え入れるために、「仕事」「住まい」「子育て」など移住の際に阻害要因となる課題に対して、様々な独自の支援策を用意しているのです。

移住には引越しや住居確保のための費用ももちろんかかりますから、補助金・支援金を助成してくれる自治体も多くあります。

今回はその秋田移住に関する補助金や支援金についてを少し掘り下げてご紹介していきたいと思います。

秋田県への移住に関する補助金

秋田県では、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)から秋田県内へ移住し、一定の要件を満たした方に移住支援金として家族の場合100万円、単身でも60万円が支給されます

ただし、その要件には”移住元に関するもの”や”移住先に関するもの”、”就職に関するもの”が細かく定められており、虚偽の申請等をした場合や、規定の条件に満たない場合には、支給された移住支援金の全額または半額を返還しなければなりません。

また、秋田県への移住に際し、「秋田移住支援金マッチングサイト」に掲載されている企業に東京圏から移住&就業した方にも移住支援金100万円が支給されるので、双方を上手く活用できれば最大200万円の支援金が受け取れることになります。

【はじめての秋田暮らし応援事業】

上記とは別に令和3年度の政策として、秋田県内に移住された方に、引越し費用等として1世帯につき最大10万円の助成というものもあります。助成対象になるためには、移住前に県が実施している「移住定住登録」をしなければなりません。

※上記、移住支援金との併用不可

秋田県へ移住される方への支援制度について知りたい方は「”秋田暮らし”はじめの一歩」という秋田県移住・定住総合ポータルサイトをチェックしてみてください。そちらにご紹介している支援金の要件や申請手続きについての詳細が記されています。

支援制度以外にも「しごと」「くらし」「住まい」「イベント」といった項目で移住に関する様々な情報が掲載されていますので、一度目を通してみると良いでしょう。

秋田での暮らしをわかりやすくまとめたガイドブックや移住者インタビュー、動画など充実した内容で楽しませてくれます。

特定地域への移住の補助金はある?

各市町村でも独自の移住支援事業が行われています。ここでは秋田県の人口の1/3が暮らしている秋田市といくつかの市をピックアップして、移住の補助金についてみていきましょう。

【秋田市】

子育て世帯移住促進事業

子育て世代をターゲットに、一定の要件を満たす秋田市への移住者に対し、住宅の新築・購入、賃借および転居に係る費用を補助。

例えば、住宅の新築および購入(中古を含む)の場合は100万円に子育て加算、市内業者加算といった要件に応じた金額を加算した額を上限に補助される。

若者移住促進事業

県外から移住し、秋田市で新たに雇用される若者世帯(40歳未満)の住宅の新築・購入や賃借、転居に係る費用や、生活必需品の購入に係る費用等を補助。

補助対象者および同居する方1人につき上限20万円が補助される。県外出身の場合はさらに1人につき15万円が加算。

【能代市】

若年世帯移住定住奨励金

県外から定住を目的に能代市に移住する若年世帯(45歳未満)に、引越し費用、賃貸住宅の初期費用、暖房器具の購入費用およびテレワークに係る情報通信設備の整備・機器の購入費用を助成。

奨励金は上限20万円を基本とし、要件に応じて加算される場合は上限35万円となる。

【鹿角市】

ふるさとライフ引越し支援補助金

鹿角市に移住するための引越し費用を単身5万円、世帯9万円を上限として補助。

移住者融資資金利子補給費補助金

鹿角市に移住し3年以内の方の、移住者向けローン(市が提携する金融機関の移住定住サポートローン)の利息額を最大7年間全額補助。転勤等による転入者は対象外。

【大仙市】

移住者住宅取得支援事業補助金

定住の目的で県外から大仙市に移住し、市内で新築住宅または中古住宅を取得する方を対象に補助金を交付。空き家バンク登録物件を購入の場合は補助率が優遇される。補助額は50万円(最大120万円)。

若者・子育て世帯家賃支援事業補助金

定住の目的で県外から大仙市に移住する若者・子育て世帯(40歳以下の同居する夫婦世帯または中学生以下の子と同居する世帯)に対し、民間賃貸住宅の賃借料を最大12ヵ月を限度に補助金を交付。補助額は月額2万円。空き家バンク登録物件は月額3万円。

【仙北市】

定住促進奨励金

5年以上継続して市外に在住していた方が、定住を目的に住宅を取得し移住した場合、納めた固定資産税相当額を奨励金として交付。助成期間は固定資産税が課税される初年度から3年度。

秋田移住を検討しているならオンライン相談会もあり

移住を検討し始めると、いろいろと相談したいことも出てきますよね。でも、どこに相談したら良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。実は首都圏でAターンのすべてをサポートしてくれる「Aターンサポートセンター」があります

「Aターンサポートセンター」は東京都千代田区有楽町にある、ふるさと回帰支援センター内に設置されており、これまで紹介してきたような行政による移住支援制度のことやAターン就職や就農をはじめとするワークスタイル、秋田で暮らす魅力など幅広い相談に応じてくれます。

対面相談はもちろん、WEB上でのオンライン相談も行っていますので、仕事で都合がつかない方や遠くて足を運びにくい方、コロナ禍で外出は控えたいという方でも気軽に相談できます。電話やメールだけでは不安という方はぜひご利用してみてください。

オンライン相談の場合、希望日の3日前までに事前予約が必要です。

「Aターンサポートセンター」

東京都千代田区有楽町:東京交通会館8階

TEL/080-9292-5195

E-mail/akita1@furusatokaiki.net

相談日/火曜日~日曜日

(祝日・お盆・年末年始期間・臨時休館を除く)

相談時間/11:15~18:00

まとめ

今回は、「秋田移住に関する補助金・支援金まとめ!」をお伝えしてきました。今回ご紹介したのは一部の市のものであり、ほかにも移住支援策を行っている自治体はありますので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

秋田県民としては秋田ならではの魅力についても知っていただけると嬉しいです。移住に際して新築をご検討されている方は、お気軽にインターデコハウス秋田(住広ホーム)にご相談ください。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する