メニュー

秋田市・潟上市で輸入住宅の新築やリフォームは住広ホーム|インターデコハウス秋田

COLUMN コラム

リビングのワークスペースは仕切りを使って集中力アップ!

在宅勤務
リビングのワークスペースは仕切りを使って集中力アップ!

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの畠山です。

在宅ワークについていくつか記事で今までもご紹介してきました。

仕事部屋のデスクレイアウト例!集中できる環境作り

リビングにワークスペースを作ろう!レイアウト例も紹介

キッチンにワークスペースを作って空間を有効活用!

ダイニングにワークスペースを作って仕事も家事も効率よく!

在宅勤務では集中できる環境を整備することが、最も大事なことです。これから新築住宅を建築する方であれば、ある程度在宅勤務を考慮したプランニングをすることが可能でしょう。

現在お住まいの住宅で在宅勤務の環境を作ろうとする場合、リビングやダイニングスペースで作業をするということも多くなるのではないでしょうか。

一人だと集中できるかもしれませんが、他の家族がいる場合では集中力が持続しない場合も考えられます。リビングで在宅ワークをするのであれば、仕切りを取り入れると良いでしょう。

今回は、リビングのワークスペースには仕切りを使うことで集中力がアップするという内容をご紹介します。

リビングで在宅ワークをする人におすすめの”仕切り”

(参考:RoomClip

リビングで在宅ワークをする人におすすめな仕切りをご紹介します。先にご紹介した写真のように、リビングスペースにパーテーションを置いて空間を仕切るという方法で集中できるワークスペースを確保する方法があります。

リビングに設置する場合は、取り外し可能・容易に動かすことができる・邪魔にならない・周囲のインテリアや配色に合うというようなことをポイントに置いて検討しましょう。

(参考:楽天市場

(参考:楽天市場

このようにインターネット通販サイトで「パーテーション」「仕切り」などと検索すると自分の部屋に合うデザインのパーテーションを見つけることができると思います。

(参考:Amazon

リビングスペースに大型のパーテーションを設置できない場合はこのような卓上のパーテーションもあります。3方を囲むことで視野をパソコンや書類などの仕事道具に集中させることができます。

また、この商品はダンボール製なので使い捨て(リサイクル)が可能です。折りたたむことができるので収納も楽ですよね。

在宅ワークがどのくらいの期間で実施されるかわからないけど、自宅のリビングスペースにワークスペースをつくって在宅ワークをしなければいけない。

といような方には、このようなダンボール型の安価なパーテーションがおすすめです。

(参考:Amazon

突っ張り棒をつかってカーテンで仕切るというパーテーションもあります。リビングスペースにカーテンの仕切りをつけると家族団らんの時間がちょっと・・

というような場合にはおすすめできませんが、集中力をアップさせるパーテーションとしてはこのようにカーテンを使った仕切りも候補の一つに入れてみてください。

ワークスペースのために仕切りやパーテーションを使うメリット

デザインだけではなく、色・大きさなども自宅のリビングに合わせて選ぶことが可能です。リビングでこのような背の高いパーテーションを使うのにはいくつかメリットがあります。

・家族の気配を感じない

大人でも子どもでも、職場と違って家族の話し声や姿が仕事に集中できなかったり、話しかけられてしまって作業を中断しなければいけないというようなことがあります。

パーテーションで仕切っておくことで、目の前の仕事に集中することができるので効率が悪くなることはないでしょう。

・テレビやオーディオなど仕事に不必要なものからの隔離

どうしても自宅のリビングで仕事作業をしていると、仕事に不必要なテレビやオーディオ・ソファなどの誘惑が多いですよね。

ちょっと休憩・・・とソファに座って気がつけば1時間も経っていた。なんてことがあっては在宅ワークをしていても効率が落ちてしまいます。

パーテーションで仕切っておくことで、仕事をしている間は他のものが見えなくなるので作業に集中することが可能になりますね。

・仕事のオンオフの切り替えが可能

在宅ワークでのポイントはオンオフの切り替えが難しいということです。例えば、書斎のような仕事部屋があればその部屋に入れば仕事モード・部屋から出るとオフモード。

というように切り替えをすることが可能になります。しかし、リビングなどにワークスペースをつくって在宅ワークをする場合はどうでしょうか。

朝から同じリビングにいて、仕事モードとオフモードに切り替えがすぐにできるでしょうか。すべての人が器用に切り替えができるわけではないですよね。

リビングにワークスペースがある人はこのようなパーテーションで作業スペースを確保することができればオンオフの切り替えがしやすくなるでしょう。

・オンラインミーティングの背景にもなる

zoomやSkypeなどのオンラインミーティングを活用しながら在宅ワークをする人も多いと思いますが、オンラインミーティングの際に、背景にどうしても自宅の部屋を映したくないという人もいますよね。

バーチャル背景を設定すれば問題ないという場合もありますが、どんな写真を選べばよいのか悩むこともあると思います。パーテーションがあれば、そのまま背景として使うこともできるので一石二鳥です。

仕切りを使ったワークスペースのレイアウト例を紹介

(参考:生活雑貨

リビングの一角に専用スペースとしてパーテーションとデスクを設置する例です。デスクやパーテーションを業務用に購入することで、在宅ワークへ集中することができそうです。

(参考:楽天市場

半透明なパーテーションを使えば、他のインテリアともうまく調和することができます。特に北欧テイストのインテリアを使っているような場合には、こちらの半透明のパーテーションがおすすめです。

(参考:RoomClip

ソファの横でもこのようなパーテーションで仕切りをすることでワークスペースを確保することが可能になります。音はどうしても聞こえますが、目線を遮ることができるレイアウトが良いですね。

(参考:RoomClip

このような収納棚をパーテーションとして使うレイアウトも良いでしょう。作業用の書類も収納できますし、グリーンなどを飾ることもできます。目線を遮ることが可能なレイアウトですね。

(参考:RoomClip

人気のDRAW A LINEをつかった仕切りもスタイリッシュで良いですよね。壁を作りたくないけどちょっとした仕切りがほしいと言うような方にはDRAW A LINEでこのような仕切りをつくることも可能です。

リビングスペースの広さによって、仕切りを使ったワークスペースのレイアウトも変わってきます。自分の部屋のどのスペースをワークスペースにするのかきちんと採寸をした上で商品を探すようにしましょう。

商品から探してしまうとサイズが合わなかったというようなミスが発生してしまう可能性もありますのでご注意してください。

まとめ

今回は、「リビングのワークスペースは仕切りを使って集中力アップ!」という内容をご紹介してきました。本文でもご紹介してきましたが、在宅ワークでのポイントは集中力を保てるか・仕事のオンオフを切り替えられるかという環境によるポイントが大きく挙げられます。

在宅ワークはやってみたいが、家の環境が整っていないという方は今回の記事をご覧になっていただき少しでも参考にしていただければと思います。

輸入住宅で新築住宅をご検討されている方には、在宅ワークの際の仕切り方やスペースの確保方法などもご提案させていただきますのでご希望があればお申し付けくださいね。

>>無料相談予約ご予約はこちらから

【無料カタログプレゼント中!】

インターデコハウスは2020年で20周年を迎えました。20周年を記念してカタログが新しくなりました!インターデコハウスの無料カタログをご希望の方はカタログ応募フォームからお問い合わせ下さい。

>>無料カタログはこちらから

*総合カタログ

インターデコハウスのコンセプトや世界観がわかる一冊です。インターデコハウスのコンセプトや「北欧」「南欧」「北米」に分けられた商品ラインナップの各商品の説明が実際の実例写真と共に紹介されています。

この1冊でインターデコハウスのファンになっていただけると思います。また、商品ごとにプロのコーディネーターへインタビューしたインテリアデザインポイントを掲載しています。

*仕様・性能ガイドブック

北海道生まれのインターデコハウスは住宅デザインだけではなく、性能や仕様にもこだわりをもっています。

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を取り入れた工法は地震や台風にも強いと言われています。

デザインだけが良くても性能や仕様もちゃんと知っておきたい。

そんなお客様にわかりやすくインターデコハウスの性能や仕様がわかる1冊になっています。

*商品ラインナップ

インターデコハウスには「北欧」「南欧」「北米」に分けられた全部で10種類の外観デザインがあります。(2020年3月時点)自分たちの好みがどのような外観デザインなのかを考えるのに適している1冊です。

*実例写真集

12組のインターデコハウスで実際に暮らしている全国のオーナー様にインタビューをした1冊です。

インターデコハウスで叶えた12組のお客様の暮らしを垣間見ることができます。

それぞれのオーナー様がどのようなポイントをこだわったのか。インターデコハウスに住んでどのように暮らし方が変化していったのか。家づくりを検討している方に是非読んで欲しい1冊です。

>>無料カタログはこちらから

【八橋展示場見学はこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)は事務所の隣に住宅展示場が建っています。実際いインターデコハウスの住宅で使用される建築部材を使用しているので、展示場で実際に体感することが可能です。

また、展示場のソファに腰を掛けてマイホームでくつろぐイメージを感じたり、キッチンに立ってリビングダイニングを見渡すイメージをすることが可能になっています。

定休日以外は毎日見学可能ですのでぜひご予約の上ご来場ください。

>>八橋展示場へのご予約はこちら

【毎月発行しているデコスタイルブックはこちら】

インターデコハウス秋田(住広ホーム)では、毎月「デコスタイルブック」という季刊誌を発行しています。毎月のイベント情報や、暮らしに関するおすすめ情報などインターデコハウス秋田にお問い合わせいただいた方限定の情報誌です。

毎月発行のデコスタイルブックをご希望の方はまずは資料請求をお願いします。

>>デコスタイルブックをご希望の方はこちら

【インターデコハウス秋田のSNSはこちら】

Facebookとinstagramでも情報発信中です。ぜひフォロー&いいね!をお願いいたします。

>>Facebook

>>instagram

この記事を書いた人

住広ホーム株式会社(インターデコハウス秋田) 取締役統括部長/営業 畠山 雄大(はたけやま たけひろ)
  • 宅地建物取引士
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

ファイナンシャルプランナーの目線で、住宅を検討しているお客様の家づくりのアドバイスをさせていただいております。いつでもご相談いただければと思います。

同じカテゴリの記事

輸入住宅のガレージの種類と特徴は?作るときの注意点も解説

北欧風のダイニングを作るポイントは?選び方や実例を紹介

輸入住宅がピッタリなライフスタイルは?理想の家作りと生活

北欧風の子ども部屋を作るコツは?おすすめアイテムや実例を紹介

一覧に戻る

ご相談・お問い合わせ CONTACT

ご相談だけでも大歓迎です!
まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL.
018-883-1135

お電話受付時間 9:00 〜 18:00

資料請求

資料請求

まずは資料を見てじっくり検討をするところから始めたいという方はこちら

資料請求をする
セミナー・イベント情報

セミナー・イベント情報

まずは住広ホームの家づくりを知るところから始めたいという方はこちら

イベント情報を見る
無料相談

無料相談

気になること、不安や相談ごとをすぐに解消したいという方はこちら

相談会に参加する